インストラクターブログ

Blog

好調続く日本海丹後エリアの鰤ジギング

こんにちは!スタッフ大東です!

今回は好調続く日本海丹後エリアの鰤ジギングレポートです。

お世話になったのは、舞鶴東港より出船のスーパーコーリンさん!
宮武キャプテンが熱く、親切、丁寧にガイドしてくださいます。

当日は時化予報で、出船しても青物ポイントではいつまで出来るかわからないとの事でしたが、そこは丹後エリア屈指の大型船。
船上はドタバタしながらも1日ガッツリと青物狙いとなりました。

ポイントに着くと、鳥がグルグル飛び回り、雰囲気はかなりいい感じ。

ここ数日はベイトがイワシからイカに変わり、ポイントに潮が当たる表面より裏面の方が良かったりすると言う話をしていると、読み通りのポイントで鳥山発生!

テンションMAXでしゃくりますが、魚からの反応は返ってきません。

船は爆風の影響で2ノット以上の速さで流されるので水深は90m~60mですが、200gのジグでも着底1回で訳がわからなくなる状態です。

スタートは2オンスクラスのロッドでスタートしましたが、ジグが動いて無いと判断。

4オンスクラスのロッドと、撃投ジグシリーズ最新作のロングジグ、『ストライク200g』を投入。
しっかりアクションさせる為、強めのシャクリでアプローチすると早速ヒット!

撃投シリーズはショアジギング専用モデルとして開発されていますが、オフショアでもしっかり使えます!

キャスティングゲームと同じようにラインが斜めに入るような状況で使うと、効果的です。
正にドンピシャでハマりました。

プロトフックの性能を試す為、強めのドラグ設定でラフに上げましたが、しっかり上顎を捉えていたので難なくキャッチできました。

とりあえずボーズは無くなったので一安心。

こっから爆発するかと思いましたが・・・
後は続かず、時折回遊してきたタイミングでポツポツと同船者にヒット。

依然風は強く、着底もほぼ一回二回という状況が続いていましたが、午前中よりも、底付近でジグが潮を噛まなくなり、ラインスラッグを出してフォールを少し入れられる様になったので、今までの早い上げ、上げの釣りから、フォールを意識した釣りへ変更すると、それが大ハマり!

毎流しヒットの爆発で本命鰤を含む4キャッチと上々の釣果となりました。

プロトフックも概ね狙い通りの掛かり方で良い感じに仕上がってきております。
もう少し煮詰めて、皆様に良い商品をお届け出来るよう頑張っていきたいと思います。

例年ですと、青物は、終盤戦に突入し6月頃にはジギングで釣りづらくなり、シーズン終了となり、6月頃からはケンサキイカをメインとしたメタルスッテゲームがスタートします。

こちらも楽しみですが、好調の丹後エリアで青物狙いオススメです!

皆様も是非挑戦してみて下さい!

使用タックル
【ロッド】
2~4オンスクラススピニングロッド
【リール】
スピニング8000番
【ライン】
PE3号+リーダーフロロ12号
【フック】
フロント、リア共にプロトフック7/0シングルアシスト

スタッフ 大東哲也