インストラクターブログ

Blog

敦賀沖で狙うムギイカメタル!

こんにちは!スタッフの今永です。

イカメタルファンの方お待ちかねのケンサキイカシーズンも目前ですね。

居ても立っても居られない私は、福井県敦賀沖の人気ターゲット『ムギイカ』狙いのイカメタルゲームに行ってきました。
ここでいうムギイカとはスルメイカの新子のことです。

お世話になったのは福井県敦賀市の『泰丸』さん。

ケンサキイカ狙いの時のスルメイカというと外道扱いされてしまいますが、専門に狙うとケンサキイカとは違った楽しみがありクセになります。

ケンサキイカ狙いの場合
シェイクなどのアクション→ステイ
で当たりを取っていくことが基本スタイルになりますが、

スルメイカ狙いの場合
ワンピッチでシャクり上げながら、棚を探っていきイカを掛けるという、ジギングに近いスタイルになります。

釣行日は16時半に港を出船
前日までの時化の影響でかなり大きくウネリが残る中、約1時間ほど走り水深200m弱のポイントに到着

 

200mと聞くと鉛スッテで対応できるのか!?と戸惑いましたが、パラシュートアンカーを入れるのと狙う水深は100mまでなので、15号の鉛スッテで十分対応できました。

耐力イカリーダーに
レベルスッテ15号
ドロッパーにはDraw4 2.5号
をセットし早速実釣開始♪

陽も落ち、集魚灯が灯ると少しずつベイトが海面に姿を見せ期待も高まります。

が、しかし、期待とは裏腹にイカはご機嫌斜めのようでノリノリタイムには突入しません、、、。

こんな時は探る水深、しゃくり方、仕掛の長さ、スッテのカラー、ドロッパーの種類、ドロッパーと鉛スッテのバランスなど自分の引き出しをフル活用し、パターンを探って行きます。
これもまた一つイカメタルゲームの楽しみですね♪

 

ちなみにこの日は
耐力イカリーダー100/Sにドロッパーは極力抵抗の少ないプラヅノ
or
仕掛は使わずに鉛スッテ単体
で、とにかくウネリの中でも鉛スッテが動くことを最優先にする事で厳しい中でも釣果に結びつきました。

深い水深+渋い状況ではフッキング力が伝わず、フッキングミスをしがちですが、レベルスッテは超ロングテーパーの鈎先を搭載しているので、ばっちりフッキングさせることが可能となります。

また、ケンサキイカの場合
掛け損ねてもシェイクを入れることで、セカンドバイト、サードバイトを容易に得られますが、
スルメイカの場合
1度掛け損ねるとセカンドバイトを得るのは難しいという特性があります。
そういった意味でも厳しい日ほど、『ハリ』にこだわったレベルスッテが生きてきます。
是非皆様も実釣で実感してみてください♪

 

日よってまだまだムラはありますが、3桁近い釣果が出ている日もあります。
また、これから状況は益々良くなってくるかと思いますので、是非皆様もチャレンジしてみてください。

【使用タックル】
ロッド:イカメタル専用ロッド
リール:カウンター付ベイトリール
PE 0.5号
仕掛:耐力イカリーダー 100/S
ドロッパー: Draw4 2.5号、プラヅノ、ウキスッテ
鉛スッテ:レベルスッテ15号

スタッフ 今永航汰