インストラクターブログ

Blog

五島列島のオフショアでヒラマサ

こんにちはスタッフの藤岡です。

 

各地のフィッシングショーも落ち着き、ようやくホッとしているところです。

オーナーばりブースに足を運んで頂きましたお客様には、しっかりと熱意を込めてご案内でき嬉しく思っております。

 

 

さて、今回はフィッシングショーの代休を利用して今久しぶりの大物釣りに行ってきました。

場所は長崎県五島列島。

オフショアキャスティングジギングで大型のヒラマサを狙います。

 

状況としては春マサが少し遅れ気で始まったとのこと。

ポイントによってはまだ魚が付いていない場所もあるようなので、ランガンスタイルで攻めていきます。

 

 

ちょうどシケ後の海況でコンディション的には◎。

やはり1投目からグッドサイズがトップゲームに飛び出す好調な出だしとなりました。

まずこのようなときは100g〜150gの大きなルアーがオススメ。

活性が高いのでアピール重視攻めていきます。

ハリはST66の4/0以上にすると強度と掛かり、保持力の天からヒット&キャッチ率もグンと上がりますよ!

10キロ〜級も数多く飛び出し

久しぶりの大物ファイトで早々に身体が悲鳴をあげています^^;

 

お昼からは逆潮からの潮止まりになったので、今回の1番の目的[ジガーミディアム newフック]のテストを行いました。

設定としては、スピニングジギングスタイルによる青物フック。

 

この日のために製造部には無理をいって作ってもらったので

テストでは何としてもでもいい収穫を持ち帰りたいところ。

 

ジグはヒラマサには圧倒的に実績のある撃投ストライク&撃投ジグを選択。

 

ショア用に作られている撃投シリーズですが、青物の捕食信号を刺激するアクションはショアもオフショアも共通しており

特にヒラマサジギングには必ず一本は持参することをオススメします。

 

 

さて、テストはというと潮止まりながら深場の80mラインで底潮が流れているところを発見。

その水深をメインに船をつけてもらうとこれが正解!

最大15キロまでのヒラマサやブリが面白いように反応し

掛かり所や当たりの出数/チェイス、強度面、メッキによる保持力の違いなど収穫の多いテストとなりました。

今回テストフックは4パターン用意しましたが、1つはかなり高いレベルまで出来てましたので、今春はしっかり追い込んでいいハリに仕上げたいと思っております。

 

そしてラストの夕マヅメはトップゲームで大政級を狙います。

 

トップにはやはり好反応で次々に10キロ超級が飛び出し、アドレナリンと乳酸でパンパンになった腕も忘れて投げ続けて終了となりました。

 

今回、シーズン序盤の中のチャレンジとなりましたが今年も元気なヒラマサが既に集結を始めています。

これから6月いっぱいまでは全国各地でヒラマサゲームの熱い釣りが展開されることでしょう。

 

私も各地でしっかりとハリのテストで追い込みたいと思います。

 

 

使用タックル

キャスト

ロッド  エクスプロージョン  #5 #7

リール  スピニング18000番

ライン  PE5〜8号

ルアー   ダイブベイト 190 240

フック   ST-66  3/0〜5/0 、ブループラッガー5/0〜9/0

パーツ  スプリットリングウルトラワイヤー#8〜10

 

 

ジギング

ロッド  6フィート

リール  スピニング8000番

ライン  PE3号

ジグ   撃投ジグストライク撃投ジグ150〜200g

フック  ジガーミディアム newフック7/0