インストラクターブログ

Blog

シーズンインした明石のカワハギ


関西エリアで本格シーズンインした船カワハギレポートです。

今回お世話になったのは、明石浦漁港より出船の丸松乗合船さん。カワハギ船の操船は若船長なのですが、自身もカワハギ釣りが大好きで、トーナメントにも出場されるほど  で、的確なアドバイスをして頂けるので、初心者でも安心して乗船できます。当日も船長の的確なアドバイスで、釣果を伸ばす事ができました。

当日のポイントは淡路沖で水深は20m前後、地形は比較的フラットなエリアで、根掛かりもなく、釣りやすかったです。
状況も朝イチから活性高く、比較的素直に反応してくれました。

今回使用したのは誇高カワハギ早掛、早掛SP、ツインカワハギの今年リリースの新商品。
誇高カワハギ早掛は従来の早掛タイプの弱点であった バレ易さや、強度不足を克服すべく、素材や形状にこだわって開発した商品で、難しく考えずに使って貰いやすい鈎となっています。早掛SPは鈎先のメッキを行わず、超尖鋭なハリ先を実現した刺牙(流石)ポイントを搭載した、エキスパートモデルで耐久性には欠けますが、カワハギのアタリを出す性能はピカイチ。

ツインカワハギは、5ミリの超ショートハリスと、2本の枝鈎で、エサの付け方や、アタリの出し方、アワセ方を気にせず使える秘密兵器的アイテム。あまり上手でない私はツインカワハギに結構助けられました。

当日は天候、釣果に恵まれ良い1日となりました!
明石エリアは例年12月初旬頃まで楽しめます。
また潮回りにより釣りモノが変わりますので、釣行の際は要確認です。
食べて美味しく手軽だけど、奥が非常に深いカワハギ釣り挑戦されてみてはいかがでしょうか?

なお、この模様は関西エリアで放送のビッグフィッシングで放送予定です。
視聴エリアの方は是非ご覧下さい!

スタッフ 大東哲也