鮎ブログ

Blog

ラインもハリもワンランク太くしないといけない

●釣行日
2019年6月22日

●お名前
柴田泰士さん

●ポイント(場所)
宮崎県西米良村・一ッ瀬川

●魚名

●全長
25 cm

●コメント
6月1日の鮎釣り解禁日以降週末に限り悪天候や増水で鮎釣りができなかったのですが、6月22日午後から雨の心配はあるものの大雨は降らないだろうと釣友達のMさんとホームリバーの西米良村一ツ瀬川に行きました。
当日は午前6時に民宿あさぎりで待ち合わせをしてオトリ鮎を買って人気ポイントの『病院裏』に行くと珍しく他の釣り人がいません。
実は今シーズンの一ッ瀬川は解禁日から釣況が今一つで釣り人が少ないのです。
まあ実績のあるポイントですので自分は瀬落ちから釣り上がることにして釣友は上流の早瀬から釣ることにしたのですが、透明度の高い川なのに鮎も見えず追いもないまま瀬の真ん中一番流れの早い瀬にサイズアップした2号の鉛を付け上流にから落とし込むといきなり強烈な当たりがあって瀬落ちの沈みにラインが触れてツケ糸から飛ばされてしまいました。
想定以上の強烈な当たりだったので鮎かどうか疑問に思いながら上流で鮎を連発している釣友の所に行くと既に6匹釣っていると言うので、上流で釣ることにして仕掛けを新しい物に張り替えて対岸近くの黒く見える石の周辺を泳がせていると、目印が飛んで綺麗な鮎が釣れました。
その後も対岸の黒石周りで釣れるのですが、強烈な当たりで型も良く連発はしませんが昼過ぎに25センチを最大にツ抜けできました。

 


食事休憩をはさみ数匹釣ってこれから夕マヅメにかけてラストスパートと思った2時過ぎから土砂降りの雨が降り始め、雨が止むまで村所橋の下で雨宿りして雨が上がって釣り始めますが、風が吹いて体感温度が下がって寒くて戦意喪失して釣友より一足早く川から上がりました。


釣果は自分17匹、釣友24匹でした。
朝一瀬の中で釣れなかったのが釣果の差になったと思いますが、解禁してから不調が続き数が釣れないと言われている今シーズンの一ッ瀬川ですが、その分型が大きくなっていて次回はラインもハリもワンランク太くしないといけないと思った釣行になりました。

年券 4,000円 日釣券 1,500円
オトリ鮎 1匹 500円
入漁券、オトリ鮎の購入は民宿:あさぎり
TEL・0983-36-1862
FAX・0983-36-1273
民宿あさぎりのオトリ鮎はシーズンに入ると天然がメインになりますので無い場合がありますので事前に電話でご確認下さい。

私の仕掛け
竿:シマノ・リミテッドプロMI・2.75・90-95HK
天井糸:天井道糸FC 0.6号
水中糸:ザイト・メルファ複合メタルMH0.05号
(4mにプロ目印を4個)
上ツケ糸:ザイト・フロロ鮎0.5号(40cm)
下ツケ糸:ザイト・フロロ鮎0.4号(20cm)
中ハリス:ザイト・鼻かん仕掛糸FC 0.8号(20cm)
鼻かん: ライトチューブ鼻かん6.5号
※ザイト・PE編み込み糸Ⅱ0.4号使用
サカサバリ:白一体サカサ(速攻) 1号
ハリハリス:ザイト・鮎トップハリスフロロ0.8号
掛バリ: 一角7.5号、楔X7号 3本イカリ