鮎ブログ

Blog

鮎釣り初挑戦のMさんと

●釣行日:2018年6月2日
●お名前:柴田泰士
●ポイント(場所):宮崎県美郷町南郷区・小丸川
●使用商品名・号数:別記
●魚名:鮎
●全長:20 cm
●重量:0.1 kg

 

6月2日、今年から鮎釣りを始めたMさんと私と釣友のYさんの3人で、宮崎県美郷町南郷区の小丸川に行って来ました。

午前6時に待ち合わせし川を見て上がっていきますが、前日の解禁日は渇水状態と鵜の食害で最低の釣果だったそうで、

釣人は少なく国道沿いの好ポイントに入ることになりました。

 

 

ここでMさんに仕掛けをセットしてあげて、オトリ鮎を付けて釣り方を教えて、しばらく釣り方を見てアドバイスして

30分程してオトリ鮎の付け方もできるようになったので、自分も釣り始めます。

鮎も見えず対岸に渡り、瀬を攻めると当たりが上がったものの身切れでバラシしてしまいました。

 

結局、午前中に当たったのこの1度きりで上流へ移動することになりましたが、田植えの時期で濁りが入っていて濁りの無い神谷橋下に入りました。

ここの瀬落ちで20センチの今シーズン初鮎をゲット

 

 

しかし単発で上流に移動しながら釣って何とか11匹が引船に入りました。Mさんに声を掛けると”8匹”との事。

オトリ鮎交換時に逃がしたり、キャッチミスでバラシたという事ですが10匹は行けそう。

 

下流の段々瀬で3匹追加し、遠目にMさんが鮎を取り込んだようだったので、10匹釣ったと思い釣っていると、

いきなり竿をひったくられて下流へ魚について下るときなりジャンプしました。

当たりからして鮎ではないと思っていましたが、40センチ近いニジマスがハリ掛かりしたようで

2度3度とジャンプを繰り返し、大きな沈み石の所で4度目のジャンプをした瞬間に、

複合メタル・メルファMH0.05号が切れました。

 

解禁早々尺鮎の引きを味わうとは思っていませんでしたし、改めて複合メタル・メルファMHの強さを実感しました。

もう少し時間はあるけどこれにて納竿。

解禁日翌日の釣果としては寂しい13匹の釣果でしたが、鮎釣り初挑戦だったMさんが11匹釣っていて喜んでいたし、鮎釣りに嵌ってくれてそちらの方が嬉しかったです。

 

尚、絶不調の小丸川ですが、追加放流を予定しているそうなので例年通り楽しめるようになると思います。

 年券 3,000円 日釣券 1,000円
 上小丸川漁協・・・小丸川沿いに販売している所が複数があります。

 *今回のMさんの仕掛け
 竿:シマノ・TOMOAYU・2.75・85
 RC-46 プロ完全仕掛フロロ 0.25号
 ハリ 秀尖フロロハリス1.2号 3本錨 7.0号

 私の仕掛け
 竿:シマノ・リミテッドプロMI・2.75・90-95HK
 天井糸:天井道糸 FC 0.6号
 水中糸:ザイト・メルファ複合メタルMH・0.05号
 (4mにプロ目印を4個)
 上ツケ糸 ザイト・フロロ 0.5号(40cm)
 下ツケ糸 ザイト・フロロ 0.4号(20cm)
 中ハリス ザイト・鼻かん仕掛糸 FC 1号(30cm)
 鼻かん: ライトチューブ鼻かん 6.5号
 *ザイト・PE編み込み糸Ⅱ 0.4号使用
 サカサバリ:白一体サカサ(速攻)半スレ 2号
 ハリハリス:ザイト・鮎トップハリス フロロ 1号
 掛バリ: 一角 7号、 6.5号 3本イカリ